自然風景写真・鏡花水月

四季折々に姿を変える美しい日本の自然風景に心惹かれ撮影してます
TOP ≫ CATEGORY ≫ ■ 撮影・機材の話。 etc.
CATEGORY ≫ ■ 撮影・機材の話。 etc.
       次ページ ≫

窓の霜華

美ヶ原

NAVERまとめ等のキュレーションサイトに勝手に画像を使われるのは気持ちがいいものではありません。
出典:yako1223.blog85.fc2.com. とリンクが貼られていても、
どの写真も思い入れがあるので無断で転載されると悲しいです (T_T)

ピンタレストではメタタグがあるサイトに関しては画像を保存できないようになってますが、
メタタグを書き足す前のものなのか無断でたくさんピンされてました(汗)
ウォーターマーク( 著作権表示 )を入れるようにしてからは無断転載が減ったので、
文字で画像が見ずらくはなりましたが 無駄ではなかったようです。

各社まとめサイトの動向が注視される中、写真専門誌『アサヒカメラ』は2017年2月号(1月20日発売)で、
“緊急企画”として「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」を
8ページにわたって掲載してるようなので購入して読んでみようかと思ってます( 1/26 Yahooニュースより )


≪ 続きを読む ≫ ▼ READ MORE ▼ では、無断転載されたサイトを 一部ピックアップして掲載しましたが、
盗用ではなく 出典としてリンクを貼ってくれてるだけでもましなのかなって思えてきます(汗)


Comments (-) Trackbacks (-) ■ 撮影・機材の話。 etc.

ひょうたん桜 雨靄

ひょうたん桜

高知県吾川郡仁淀川町 " ひょうたん桜 "

ひょうたん桜の撮影で出会った、同じ連泊中の風景写真家さんと仲良くなり、
いろいろとお話を聞かせていただきました。
旅先での一期一会、館野さんのおかげで二日間モチベーションを下げることなく、
楽しい時間を過ごすことが出来ました。

風景写真家 館野さんの オフィシャルサイト  >>> jirotateno photography 風景写真家 館野二朗

日も暮れ小雨のそぼ降るなか、他のカメラマンは撤収し誰もいなかったので桜にライトをあてて撮影。
館野さんが Trust Fire ( トラストファイア ) Z5 で桜を照らしてくれました。
GENTOS Super Fire ( スーパーファイア ) と勘違いしてましたが、
帰宅してから調べてみると、Trust Fire Z5 はズーム機能付きで広角での照射が可能なため、
1600ルーメンの光を ディフューズ ( Diffuse ) 拡散させることができる優れもの!!
即、入手いたしました。




■ TrustFire(トラストファイア) Z5
1600ルーメンの驚異の明るさで、広角⇔狭角ズーム付き
スリムボディで実用性抜群のアルミ合金ボディ。 米国CREE社製LED搭載。

サイズ : 195mm ( L ) X 35mm ( Head D )
重 量 : 179.5g ( バッテリー含まず )
L E D : 米国CREE社製LED XM-L T6
バッテリー: 18650バッテリー x 2本
明るさ : 約1600lm
モード : High、Mid、Low、ストロボ、SOS ( 5モード切替 )
※ 使用にあたっては専用バッテリーと専用充電器が必要です。


Comments (-) Trackbacks (-) ■ 撮影・機材の話。 etc.

GT3542LS(改)

GITZO ( ジッツオ ) の話ですので、GITZO に興味が無い方は つまらない話だと思います。
何でこの話かというと、 GT3542LS を オーシャン風に改良していて、
撮影先でご質問を受けたので記事にしてみました。

現行の脚ロックのままだと、海での撮影後は 決まって脚ロックに砂が 噛み " じゃりじゃり " します。
これが結構ストレスになって撮影後は脚を全部ばらして清掃していました。
どうにかならないかと思いついたのが、海専用? ジッツオ オーシャンシステマチックカーボン の脚ロックです。

オーシャン三脚 は、プロフェッショナル向けの性能と海水や湿気など過酷な自然環境での耐久性が発揮できるよう設計され、
防食性に優れた素材と、泥、砂、埃 の脚チューブへの侵入を最小限に食い止めるシールドされた脚ロックを使用しています。

GITZO のサービスに聞いても変更可能かわからないとのことだったので、
オーシャンと同じ設計のサファリを分解して確認しました。
サファリは脚の一部にオーリング用の溝が切ってありますがあとは同じ構造のようです。

これならどうにかなりそうなので、GITZO のサービスに注文。
海外注文なので 入荷までに 二ヶ月ほどかかりました。






左が現行の脚ロックです。 3つに切れ込みが入っています。
ロックを閉めこむと、この切れ込みが狭くなり 脚がロックされます。
素材は、プラスチックです。
右がオーシャン用の脚ロックです。
中央の青いリングが柔らかいパッキンになっており、泥・砂・埃の進入をカット します。

裏側にはオーリングが入り、上からの泥・砂・埃の進入をカット します。
オーシャンには オーリングを固定するために切れ込みが入っていますが、
切れ込みが無くてもオーリングが外れることは今のところありません。



使用して二年経ちますが海での使用でも、今のところまったく " じゃりじゃり " 感がありません。
水につけても ロックナットの中に水が浸入しないので、ストレス無く使用できるようになりました。
泥、砂、埃に関してオーシャンと互角ではないでしょうか?



この改良には ¥ 26,125 かかりましたが、私の使用している GT3542LS ¥ 132,840
そして GT3542LOS (オーシャン)¥ 256,824
この価格差を考えると、お得かな~と思っています。
私の場合は問題なく改良できましたが、
※ 改良に関しては自己責任でお願い致します

ちなみに、パーツはこんな感じです。



Comments (-) Trackbacks (-) ■ 撮影・機材の話。 etc.

折りたたみ椅子




待機時間が長い撮影の時は 携帯できる折りたたみ椅子を持っていくようにしてます。
直接、地べたに座らなくていいので 冷えからも守ってくれます  v(≧∇≦)v
軽くてコンパクトで座り心地の良いもの…
今回は、私が使っている 「 ザックに収まるコンパクトな折りたたみ椅子 」 を ご紹介いたします。

HIGHMOUNT TRUNK'IN ( ハイマウント トランキン ) シリーズから二種類。
" フォールディングスツール " を最初に購入しましたが、
とてもコンパクトで無駄のない設計ですが、 610g という重さが残念です。
次に購入したのが " ALライトチェア " アルミニウム合金で 重量 330g が魅力。
低い背もたれが付いてますが、あるとないじゃ疲れ方が全然違います!!
今は、このイスが一番のお気に入りです。

mont-bell の " L.W.トレールチェア 26 " は、超軽量の 270g なのに 耐荷重は 100kg と優れもの。
ザックのサイドポケットに収まる収納サイズが嬉しいです。






HIGHMOUNT TRUNK'IN ALライトチェア
重量:330g 耐荷重:80kg 収納ケース付 ¥3,000+税 アルミニウム合金(アルマイト加工)
使用時/約幅238×奥行265×高さ384mm
収納時/約幅238×奥行350×高さ35mm





HIGHMOUNT TRUNK'IN フォールディングスツール
重量:610g 耐荷重:80kg 収納ケース付 ¥1,300+税 スチール
使用時/約幅280×奥行170×高さ285mm
収納時/約幅190×奥行225×高さ32mm





mont-bell L.W.トレールチェア 26
重量:270g 耐荷重:100kg 収納ケース付 ¥2,000+税 アルミニウム合金(アルマイト加工)
使用時/約幅270×奥行240×高さ260mm
収納時/約φ65×高さ335mm


Comments (-) Trackbacks (-) ■ 撮影・機材の話。 etc.

ハート型絞り

機材etc


手作りフィルターで 丸ボケをハートの形に… 
『 イルミネーション編 』

逆光で撮るより 照明の方が ハートボケを撮りやすいです ☆★☆彡


Comments (-) Trackbacks (-) ■ 撮影・機材の話。 etc.

ジャイロック お勧めの逸品

北横岳

写真展開催初日より、沢山の方に ご来場いただき 嬉しい限りでございます。
また、ブログを見て遠方より お越し下さった方々に 心より御礼申し上げます。

写真展で、カメラブレに関しての ご質問がありましたので…

カメラブレ防止装置 DT-100
群馬県桐生市  >>> 本橋株式会社

<特徴>
望遠レンズやデジタルスコーピング、
マクロ撮影ではカメラ本体や鏡筒のごくわずかな振動がカメラブレとして影響します。
ジャイロックは撮影の際、カメラボディとレンズ本体の2点を支えることにより、
カメラブレの発生をより効果的に抑制するプロフェッショナル仕様のアクセサリーです。
本体の金属部分はステンレスを使用し、剛性にも耐久性にも優れています。
工作精度が良く、操作性にも優れる、信頼の日本国内製造品です。


GYROCKとの出会いは、長野県で撮影中に製作者の本橋さんと出会ったのがきっかけです。
カメラブレに悩んでいた私は、本橋さんのブレ防止装置を見て
あまりの出来のよさに驚き、即購入を決めました。

前製品は重さ1kg以上あったのが難点でしたが、その後400gのDT-100が発売されました。
デジタル一眼にはちょうど良い、大きさと重さです。

GT-100は5年以上使用していますが、(70-200mm F2.8)+(×2tere)でも安心して撮影できました。
また、今年購入した SIGMA 150-600㎜ F5-6.3 DG OS HSM/Contemporary でもブレはありませんでした。
このレンズとの組み合わせでは三脚のパイプ径、最低32mmは欲しいところですが、
28mmのパイプ径でも条件がよければ、ブレずに撮影できます。
>>> ( SIGMA 150-600㎜ F5-6.3 DG OS HSM/Contemporary と 28mm径の三脚での画像 )
本橋株式会社 DT-100は E-6247 ジャイロック という名称で同製品をエツミでも販売しています。




Comments (-) Trackbacks (-) ■ 撮影・機材の話。 etc.

HP 完成のご報告

養老渓谷

千葉県夷隅郡大多喜町 " 養老渓谷 "

掲載の画は、養老渓谷ラストの画像となります。






今まで撮りためた画像をストックするため、HP の作成に取りかかっておりました。
やっとお披露目できる状態になりましたので ご報告いたします。

昨今は Facebook のような コミュニティ型の Web サイトが主流ですが、
白紙から、一ページ、一ページ作っていくので、出来上がった時の達成感はひとしおです。
まだ作成途中ですが、HP の方も どうぞ宜しくお願い致します  m(_ _"m)


http://kyokophoto0.web.fc2.com/  ↓↓↓ 下の画像をクリックしてください




Comments (-) Trackbacks (-) ■ 撮影・機材の話。 etc.

日本の絶景カレンダー

観音沼

撮影地:福島県南会津郡下郷町 " 観音沼( かんのんぬま ) "





■□■ Photo-ZERO からのお知らせ ■□■

自然と人、人と人をつなぐリゾートホテル
National Park Resort 休暇村




" 2016 日本の絶景カレンダー " が休暇村の会員冊子とともに届きました。
 3月 4月 では、 Photo-ZERO の 依田政子さんの舟川の桜。
11月 12月では、写団 群峰 の 松村八重子さんの小田代ヶ原が掲載されております。






Comments (-) Trackbacks (-) ■ 撮影・機材の話。 etc.

The Heralder 38 NV

奥日光


ヘッダーのタイトル画像を晩秋編に変更いたしました。
撮影地 栃木県日光市中宮祠 " 奥日光・光徳 "

ザックで出かけるとき以外は、メッセンジャーバッグで有名な クランプラーの セブンミリオンダラーホームを
( CRUMPLER 7million Dollar Home ) 使っているのですが、もう少し使い勝手の良いカメラバックはないかと探し、
バンガードの ヘラルダー38リミテッドエディション ネイビー( VANGUARD The Heralder 38 NV )を入手致しました。
38 NV は、2015年8月21日発売の数量限定リミテッドエディションモデルです。

■ 製品概要
・大容量の収納力、厚いパッドで機材を安心して運べます
・バッグの天面から素早く機材を取り出せる機動力
 ( クイックアクセスでシャッターチャンスを逃しません )
取り外し可能なインナーボックスやPCケースが付属
レインカバー付属
・細部はスプリットレザー
・ボディカラーに合わせたアンティークゴールドの金具を採用
・底面が汚れにくい底足を追加
・サイドポケットの素材を共布に変更
・三脚ホルダーは未使用時は内部への収納が可能
・トローリーとの併用可能
・バッグの揺れを防ぐ3点留めストラップ付属
・別売のICSハーネスを付ければバックパックとしても使用可

●内寸(W x H x D)(mm):380 x 280 x 160
●外寸(W x H x D)(mm):470 x 350 x 270
●重量:1.72Kg
●収納例:レンズ・バッテリグリップ付き一眼レフカメラ1または2台、交換レンズ( 300mm f/4くらいまで )、
 ストロボ、アクセサリー類( メモリーカード、ケーブル、バッテリー、チャージャー等 )、
 15インチサイズまでのノートパソコン、三脚etc





Comments (-) Trackbacks (-) ■ 撮影・機材の話。 etc.

曼珠沙華 回想

曼珠沙華 2007


過去モノから
2007年 9月 この画像に添えられていた言葉。

日本には四季があり、その四季のある細やかな風土で育まれてきた自然たち。
その美しい自然のある原風景を、これからも撮り続けていきたいです。
日本の自然風景は 「 自分の心と通い合える 」 そんな中で写真を撮れることはとても幸せです!!


この写真を撮って ちょうど八年、少しは上達したのかな?
写真を始めた頃の " 熱い想い " は薄れていないだろうか。
日々の生活に流されてしまっている今の自分に問いかけてみる。

赤い彼岸花( 曼珠沙華 )の花言葉には、情熱や再会などがありますが、
過去記事を読み返して、あのころの自分に会えたような気がしました。



Comments (-) Trackbacks (-) ■ 撮影・機材の話。 etc.