自然風景写真・鏡花水月

四季折々に姿を変える美しい日本の自然風景に心惹かれ撮影してます
TOP 撮影・機材の話。 etc. ≫ チェストハイウェイダー

チェストハイウェイダー

観音滝


涼しい日が続き、秋の気配が感じられるようになりました。
ヘッダーのタイトル画像を 夏から秋バージョンに変更。
タイトル画像撮影地 : 栃木県佐野市作原町 " 蓬莱山( ほうらいさん ) "
鮮やかなオレンジ色に染まる大戸川の流れがとても美しかったです。

今年の紅葉の映り込み撮影では、ウェイダーが大活躍してくれそうです。
Gore-Tex 素材が良いのは分かっているのですが、モンベルではストッキングタイプしかなく、
フエルトピン底のモデルがなかったので 東レの防水素材のものを選びました。
エントラントG2 、 ブリザテック ともに 耐水圧 10,000mm あるので安心です。
ゴワゴワ感もなく着心地も快適で エントラントのウェイダーは黒色で見た目もカッコよいです。
ウェストハイではなく チェストハイモデルで、ブーツフットだと選択肢も少なくなってしまいますネ(汗)

≪≫ RYOBI エントラント チェストウェダー FM6551 ( フェルトピン底 収納ケース付 )
東レ エントラントG2
耐水圧 10,000mm 透湿性 7000g/㎡/24hrs


≪≫ PROX.inc ブリザテック チェストフェルトウェダー PX5855 ( フェルトピン底 )
東レコーテックス ブリザテック
耐水圧 10,000mm 透湿性 10,000g/㎡/24hrs





※ ウェイダーの購入をご検討中の方へ
濡れずに水の中を歩けたり、とどまったりすることが出来る優れたギアですが、
転倒すると胸の開口部から一気に水が入り込み 足が浮いてしまい非常に危険です。

私は事故防止のため、
極力ウェイダー内の空気を抜きながら着る。
ベルトを必ず締める( 特にチェストハイ )
不安定な場所ではウェーディングスタッフ( 杖 )の代わりに三脚を使用する。
水が入って重くなったウェイダーを慌てずに脱ぐのは難しいので、
膝より深いところを歩く場合はライフジャケットを着用します。
安易に記事を書いてしまいましたが、転倒すると危険であることを追記させていただきます。



あっ、ヤマメがっ     

( イラストはあくまでイメージです。実際の撮影スタイルとは異なります )



Comments (-) Trackbacks (-) 撮影・機材の話。 etc.